Not quick a Nine

納得いかない!!

19  09 2008

Gmail「メールアドレスを認識できません」 の対処法

先日、いつもの様にフットサルメンバーへ試合の予定を配信しようとしたら、Gmail様から

「メールアドレスを認識できません」と怒られた。

それも、メンバー中2名も、この2名が送信リストに入っている限り、メールの保存も送信も出来ない。
言われるとおり削除してあげると、すんなり送れた。

さて、、、ではどこが行けないのか、調べてみた。
URF(インターネット標準)に準拠しているかどうかってのが重要になってくるらしい。

で、@の前に「.」ドットがあったり、「..」こんな風にドットが連続しているのはNGなんだそう。

じゃ、なんでそんなアドレスが存在してるんだよっていうと、DocomoとAUが怠慢だからなんだな。
本当はインバリッドなアドレスなのに、ろくにチェックもせずに使わせちゃっているのが悪い。

いやいや、もしかしたら、Docomoあたりはパソコンメールを閉め出して、携帯を優位に囲い込みをするために、わざと対策を講じていないという事も、考えちゃったりする。
Docomoが根拠もなくドメイン単位でメールを弾いていたりする事があるのを見ても、そっちの可能性のが高い気がする。

ただ、いくらGmailが正しいとしても、これじゃあまりにも使いにくいっていうか、困っちゃうので、対策方法をば。

ずばり、問題箇所をダブルクォーテーションでくくれば善し(^。^)v

たとえば
「foo..@example.com」
だとしたら

「”foo..”@example.com」
としてやる。

こうしてやることで、取りあえずは送れる様になる。
あくまでも応急処置としてね。

この方法で、問題アドレスを使っているAU&Dcomoの方に、
ちょっと、そのメアド使えないんで、どうにかしてくれ!
って送ってあげると良い。

まぁ、長く使っているアドレスだと、そうそう変更もしたくないだろうけど、今のパソコン社会を考えると、ルール違反は早めに直しておいた方が、何かと良いと思うんだよな。
考え方によっちゃぁ、パソコンからスパムメールが来なくて良いんだよ!みたいな対策で使っている人もいるだろうけど、結局自分が困ることになるから、止めた方が良いかも。

ちなみに、上記の裏技はGmailのアドレス帳には登録できないので、あくまでも応急処置で使うしかなさそう。

Popularity: 15% [?]


Trackback URL

Leave a Reply

682